人工妊娠中絶と緊急避妊

パートナーとの性行為で通常の避妊方法に失敗してしまったり、暴漢に襲われるなどして望まない性行為を強要されてしまったような場合であっても、女性が取り得る手段はいくつか残されています。行為から比較的早い段階、具体的には72時間以内という時間であれば、緊急避妊薬とよばれる特殊なピルを服用することによって、緊急に妊娠を防ぐということが可能であり、これはいわゆる人工妊娠中絶とは異なるものです。緊急避妊薬は産婦人科などの病院で入手でき、決められた錠数を一気に服用することによって、体内の女性ホルモンの量が急激に変化し、子宮内に受精卵が着床することが抑制されるのです。その際には、生理と同じように子宮内膜が剥がれて出血がありますが、いずれにしても妊娠する前に先手を打ってこれを防ぐという方法になります。

いっぽう、受精卵が子宮内膜に着床して妊娠がすでに成立してしまった場合は、人工妊娠中絶という手段によることになります。妊娠初期の段階であれば、専門の医師が子宮口を開いて、器具によって中味を吸引したり、掻き出したりする方法をとります。妊娠中期以降については、子宮収縮剤を使って人工的に陣痛を起こし、流産をさせるという方法をとります。人工妊娠中絶は、母体にかかる肉体や精神への負担が大きいものですので、もし妊娠が成立するまでに対策ができる状況にあるのであれば、緊急避妊法によって未然に阻止するという手段がベストな選択といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です