ストレスチェックが義務化された背景について

職場のメンタルヘルス対策が必要であると言う事は長年言われてきました。しかしながら具体的な対応策が作られてもなかなか導入することが難しいと言う現実があったのです。そのような状況の中職場のメンタルヘルス対策を促進するために義務と言う形でストレスチェック制度が作られました。中小企業も含む形で義務化されたことにより、多くの企業が対応しなければいけないテーマとなったのです。

ノウハウのない中小企業にとっては非常に負担の大きなテーマであるストレスチェックですが、法律によって義務付けられたことにより様々な業者がサービスを提供する準備を整えました。そのため自力で実施することが困難な中小企業中心として外部委託という形で導入されるケースが増えてきています。ストレスチェックの義務化への対応としてはこのような一部または全部の外部委託と言う形が最もスタンダードな義務化の対応策として採用されています。外部委託と言うと非常に高くついてしまうイメージを持つ人が少なくないのですが、実際には設備投資などの初期投資が必要ないと言う背景があるためかえって安くつくケースが少なくありません。

このように義務化することにより中小企業を含む多くの企業に職場のメンタルヘルス対策に取り組むきっかけを作ることができたのです。ストレスチェックの実施だけで全ての問題が解決するわけではありませんが、対策の入り口として機能することが期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です