ストレスチェックの義務化による良い影響とは

メンタルヘルスについての社会的認知が進んできたことにより、労働環境の向上が企業側にとっても従業員側にとっても有益であるということも同時に理解が深まってきています。ストレスで心の健康を損なってしまう従業員が発生した場合には、本人のみならずその雇用側にとっても多大な影響をあたえることは確実ですので、義務化をきっかけとして取り組みをすすめているストレスチェックを有効に活用していきたいものです。従業員の高ストレス状態が明らかになった場合には、雇用側が見えにくい問題がその事業所にあるということが可視化されることになりますので、どの部分を改善したら良いのか、人材配置の変更によってより快適な労働環境を構築できないかという視点で経営を行うことができるようになります。またこころの健康に不安のある従業員に、一定の負担軽減を配慮することによって、今後のパフォーマンス向上につなげることも可能という長期的展望も見込めます。

休職や退職によって貴重な人材を失わないように、ストレスチェックで得た情報をきちんとした形でフィードバックすることも大切です。2015年のストレスチェック義務化以来、多くの労働者がメンタルに強い影響を受けていることが明るみに出るようになりました。義務化する以前に管理者が従業員の状況を把握していることが本来の望ましい状況ではあるものの、年に1回のストレスチェックが実施されるという環境が与えられたととらえ、それをより有益に活用していくことを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です