ストレスチェックは義務化されていた

世の中ではストレス社会となっており、多くの社会人がストレスを抱えています。そのため、労働者が常時50名以上の事業場においてストレスチェックが義務化されています。この常時50名以上には勤務時間や日数は関係ありません。つまり、アルバイトやパート社員も含まれるのです。

ストレスチェックは事業者が労働者に対して行うことが義務化されています。ただし、受検については義務ではありません。労働者は受検しないという選択肢もあるのです。また、ストレスチェックをするのは医師や保健師、看護師などの必要があります。

そのため、多くの事業者は委託先外部機関に任せていることが多いです。ストレスチェックの結果については受検者本人に通知することが義務化されています。また、結果として高ストレス者が面接指導を受ける必要があると認められて、その労働者も面接の申出があった場合には面接指導を実施する必要があります。このときの面接費用については事業者負担です。

面接指導ができるのは医師のみであり、ストレス対処法やセルフケアに方法を指導するのです。事業者は面接指導を行った医師から就業上の措置に関して意見を聴取することが義務化されています。面接指導をした医師から、面接した労働者について意見を聞かなければいけないのです。場合によっては休業が必要な場合もあります。

医師の意見については必要に応じて措置を講ずることも義務とされているのです。ストレスチェックの義務化はストレス社会の現代には必要なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です