人間ドックのオプション検査はどう選べばよいか

人間ドックを実施している医療施設の多くでは、追加料金を支払うことでオプション検査を受けることができます。オプション検査として用意されている検査の種類は豊富であるため、どれを追加すれば良いのか迷います。では、人間ドックにオプション検査の項目を追加する場合は、どういう風に選んでいけばよいのでしょうか。人間ドックのオプション検査の選択方法としては、その医療施設において検査項目に含まれていないメニューを追加する方法と、検査項目に関連した検査メニューを追加してより詳細に調べてもらう方法の2つに分かれます。

例えば、一般的な人間ドックでは、脳の様子や骨粗しょう症の程度について調べる検査が含まれていないことが多いです。このような施設では、脳ドックや骨ドックを検査項目に追加することで、骨密度も含めて全身を調べてもらうことができます。また、一般的なメニューには乳がんや子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの女性が発症するがんについて調べるための検査も含まれていないことが多いです。このような場合は、婦人科健診をオプションとして選択するか、乳がん検診と子宮がん検診の2つを追加すると良いです。

オプション検査を追加する際は、追加費用に注意しなければなりません。人間ドックは、何もオプションを付けなくても受診費用が数万円から数十万円になる高額なものなので、家計の負担にならない範囲で、計画的にオプションを追加していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です