人間ドックで苦手な項目

人間ドックを経験したことがある人なのであれば、どうしても苦手な項目というのはあるでしょう。例えば、バリウムなどに関しては得意ではないという人もいます。バリウムを飲もうと思ってもなかなか飲み込むことが出来ずに毎年苦労しているという人は、人間ドックの時期が来るたびに憂鬱な気持ちになってしまう事でしょう。ですので、毎年受けなくてはならない検査なのかと思ってしまうのは当然です。

他にも、大腸がんの検査などは嫌がる人も多くいます。異性の先生に検査をしてもらうのには抵抗を感じてしまったりもするので避けたい検査の一つになります。こういった風に人間ドックを自分の苦手な項目を毎年受けるのはストレスになってしまうと思うのであれば、必要な部分だけを毎年受けるようにしておくといいでしょう。例えば中には無理に毎年受けなくてもいいような項目があります。

もちろん年齢にも関係してくるようにはなりますが、大腸がんの検査などは無理に毎年受ける必要はないと言えます。大腸がんに関しては、比較的信仰が遅いがんであると考えられていますので、毎年受けるようにしなくても、2から3年おきなどで受けるようにしてもいいでしょう。とはいえ、みんながそのペースで受ければ安心というものでもありません。中には以前大腸で異常が見つかったことがある人の場合は、、数年に一度の検査では不安がの残りますので、そういった人の場合は出来るだけ毎年受けるようにしておいた方がいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です