実用性に優れている子供用GPS

防犯グッズを使いながら防犯対策を今すぐ始めよう

12月師走に近づき、皆さん何かと忙しくなり、家を空けることも多くなる時期です。そこで、防犯対策の見直しをしてみましょう。空き巣の被害をうけた時に、泥棒の侵入口の最多が、無施錠の窓からです。その次に多いのがガラス破りの手口です。

どちらにしろ侵入経路の1位は窓からなので、窓の対策はきちんとしておきましょう。窓の防犯グッズとしてお手軽なのが複数鍵をつける補助錠や、防犯フィルム、防犯ガラスです。ただつけておけば大丈夫というものではないので過信しすぎてもいけません。防犯フィルムを例にあげると、厚さによっても効果に差がでてくるので、購入の際にはよく比較をしないといけません。

ただ、泥棒が嫌うのは時間がかかるということです。そういう点では、防犯グッズを駆使することで対策ができます。もう一つ泥棒が嫌うのが『光と音』です。光の対策として、センサーライトは防犯グッズとして有効性があります。

道の裏側など人目につきにくい場所には、センサーライトをつけておくといいでしょう。もう一つ安くてお手軽に防犯対策できるのが『防犯砂利』です。防犯砂利は普通の砂利よりも一つ一つが大きく、ホームセンターなどにも売られています。人がその上を踏み歩くと砂利同士がこすれて音がでます。

今では、おしゃれなカラフルな防犯砂利も売られていますので、庭の景観を壊したくないという人にもおすすめです。いくつかの防犯対策を提案しましたが、まずはお出かけの時には戸締りを確認するという基本のことを忘れないようにし、長時間留守にする時には、ラジオをかけておいたり、電気を点けておいたりして留守と分からないようにすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です